春学期における不正行為(剽窃)について 2017/9/22

春学期の科目において、剽窃(他人の書いた文章を無断借用し、あたかも自分が書いたかのように装って提出する行為)が発生した。言うまでもなく、剽窃は試験におけるカンニングと同様の不正行為である。今後このような行為が発覚した場合、学科として厳正に対処する。学生諸君には、くれぐれも学問的良心 (academic honesty) を尊重されるよう、強く要望する。

Comments are closed.