2018年度卒論指導(新井) 2018/2/21

2018年度卒業論文メンターが新井の学生は、下記の日時に卒論指導を行うので必ず出席すること。

<日時> 3月30日(金)11:30〜12:00

<場所> 7-4F 英文学セミナー室

※なお、「卒業論文計画書」を西先生のmoodleから各自ダウンロードし、記入の上、当日必ず持参すること。

https://moodle.cc.sophia.ac.jp/mod/forum/discuss.php?d=115872

Critical Reading(新井)受講者へ 2018/2/20

秋学期レポートを返却しますので、7-5F英文学科事務室まで取りに来て下さい。

なお、個人的に受け取りたい場合は、至急新井までメールすること。

松本先生、山口先生、ロック先生が担当の学生の「卒業論文計画書」について 2018/2/13

松本先生、新任の山口先生、ロック先生の卒論指導は、4月1日より始まるが、他の学生と同じように、「卒業論文計画書」を、3月30日の在校生ガイダンスに持参すること。

2018年度在校生ガイダンス・留学ガイダンスについて 2018/2/13

下記の通り2018年度在校生学科別ガイダンス(必修)および留学ガイダンスを行います。

【日時】
2018年3月30日(金)

13:00—14:00 新2・3年生 在校生ガイダンス

14:00—15:00 留学ガイダンス(希望者のみ。ただし、交換留学の予定がある学生は必ず参加すること。単位換算の説明も行います。)

15:00—16:00 新4年生 在校生ガイダンス

【場所】  12−502

※ガイダンスの会場でクラス分けを発表し、また履修に関する重要な指導を行います。この在校生ガイダンスは必修であり、欠席者や遅刻者にたいして、ガイダンスの内容に関する質問に個別に応じることはしません。

※2018年度に卒業論文執筆予定の4年生は、「卒業論文計画書」を西先生のmoodleから各自ダウンロードし、記入の上ガイダンス当日に必ず持参すること。

https://moodle.cc.sophia.ac.jp/mod/forum/discuss.php?d=115872

自動メール送信がうまく機能しなかったので、再掲します。

<大至急>呼び出し A1716181 2018/2/13

下記の学生は、大至急英文学科事務室(7-5F)まで来ること。(レポート提出について)

A1716181

2018年度Principles of English Language Teaching 1 & 2履修希望の学生へ 2018/2/2

<履修予備登録について>

標記科目はTEAP L&R 120点以上(1年次4月実施)ないしTOEFL-ITP 480点以上(1年次12月実施)を履修基準とする。

履修希望の学生は、以下の要領で予備登録をすること。期日までに登録をしていない学生は、当該科目を履修することはできない。

(1)英文学科事務室にて、予備登録用紙に記入(3月10日まで)
(2)英文学科掲示板にて、履修許可を確認(3月12~31日)
(3)履修許可リストに名前がない場合は、4月2日(月)(9時半集合、10時~12時試験)に行われるプレイスメント・テストを受験(詳細は課程センターにて確認)
(4)英文学科掲示板にて、履修許可を確認(4月9日以降)
(5)それでも履修許可リストに名前がない場合は、9月に学科が行うTOEFL代替試験を受験し、履修基準を満たせば2から履修可

Reading & Research 2(永富)受講者へ 2018/1/26

下記の日時に秋学期試験を返却します。

返却日時: 1/29(月)、30(火)、31(水)の12時~15時

返却場所: 7-5F永富研究室

※ただし成績評価には、試験の粗点以外の要素も含まれます。

2018年度卒論メンターの発表 2018/1/25

2018年度卒論メンター表を7号館5階の学科掲示版に掲示しました。表の隣の注意書きも合わせて確認してください。

呼び出し A1716245 2018/1/23

下記の学生は、至急増井先生と連絡をとること。

A1716245

2018年度卒業論文履修予定の学生へ。本日17時締め切り【再掲】 2018/1/15

2018年度に卒論執筆予定の学生は「卒業論文題目届」を本日17時までに必ず提出すること。

提出締切:本日2018年1月15日(月)17時(厳守)→締め切りに遅れた場合は、2018年度の卒論執筆は認められない

提出先: 7号館5F奥の「英文学科事務室」ポスト

※なお、交換留学や休学中の学生は、西先生のmoodle経由で提出すること。こちらも締め切り厳守(日本時間)。同様に、締め切りに遅れた場合は、2018年度の卒論執筆は認められな。交換留学や休学以外の学生は、「卒業論文題目届」の用紙に手書きで書いてポストに投函すること。moodleへのアップロードは認められない。

2018年度卒業論文履修予定の学生へ 2018/1/12

2018年度に卒論執筆予定の学生は「卒業論文題目届」を必ず提出すること。

提出締切:2018年1月15日(月)17時(厳守)

提出先: 7号館5F奥の「英文学科事務室」ポスト

※なお、交換留学や休学中の学生は、西先生のmoodle経由で提出すること。

口頭試問後の卒論再提出について 2018/1/10

本日行われた卒論口頭試問後の訂正済み卒論(正本)は、1月17日(水)午後5時までに7-5F英文学科事務室へ提出すること。

(副本は再提出不要です。)

卒論の面接順について A1316859、A1416787 2017/12/27

下記の学生は、卒論口頭試問の順番を確認すること。

A1316859 → Wilson・Cheetham組 26番目

A1416787 → Wilson・Cheetham組 27番目

【重要】2018年度「卒業論文1・2」、「Research Project 1・2」に関する重要な連絡事項 2017/12/20

2018年度「卒業論文1・2」(2014年次生以前)、「Research Project 1・2」(2015年次生)の履修について1~6の重要な連絡事項があります。

  1. 2018年度は、「卒業論文1・2」、「Research Project 1・2」とも、全教員が春と秋の両学期水曜日の5限の時間帯に卒論指導を行う。アルバイト等を入れないように。
  2. 2015年次生は、自らが属しているコースの領域に関する論文を執筆すること。例えば、British Studiesの学生は、イギリスの文学・芸術について執筆しなくてはならなず、アメリカの文学や芸術、英語学や英語教育について書いてはならない(ただし、イギリス文学の作品を記号論のような言語学的な視点によって考察する論文は、当然British Studiesの論文として認められる)。テーマを選ぶ際に、英文学科所属の教員の専門分野を気にする必要はない。例えば、American Studiesの学生は、アメリカの文学や芸術に関することなら、自由に作品を選び、テーマを設定して書くことができる。British StudiesとLanguage Studiesの学生も条件は同じ。
  3. 2014年次生以前の学生は、旧カリキュラムに基づくため、上記2の制限はない
  4. 1月15日(月)17時(日本時間)締め切りの「卒業論文題目届」にある、コースの選択肢に○をつけ、コースに関する題目とその説明を書いて、締め切り厳守で提出すること。提出が遅れた場合は、2018年度の卒論執筆を認めない
  5. 交換留学を経験した学生と児童文学について執筆する学生は、英語による卒論執筆を義務づける。
  6. 5の学生以外の学生にも英語による卒論執筆を推奨する(例年数十名の学生が英語で執筆している)。この場合も、2015年次生は、所属コースの領域に関する論文を執筆すること。英語で執筆する場合の指導教員は、原則として外国人教員となるが、各コースに十分な数の外国人教員がいないため、日本語で執筆する場合より比較的緩やかに指導教員が割り当てられる予定。

卒論口頭試問のスケジュール 2017/12/20

1月10日(水)に行われる卒業論文の口頭試問の詳細なスケジュールを、本日18時に7号館5階英文学科事務室前の掲示版に掲示しました。各自、必ず確認してください。なお、口頭試問を受けなかった者は履修を放棄したものと見なし、単位を修得することができません。

【臨時教室変更】Language Studies Seminar 2(古田)受講者へ 2017/12/20

2018年1月10日(水)の授業は、1-302の教室で行います。

 

翻訳・言語表現演習(眞野)受講者へ 2017/12/20

2018年1月10日(水)の授業は休講になります。

Morning English 2 受講者へ 2017/12/20

2018年1月10日の授業前に、下記のファイルをダウンロード・印刷して空欄を埋め、ドラマ『フレンズ』についての予習を行ってくるように。

印刷した課題は、10日の授業にも持参すること。

 

Friends Morning English Pre task

休講のお知らせ 2017/12/19

2018年1月10日(水)1・2限は、4年生の卒業論文口頭試問実施のため、英文学科専任教員による下記の科目は休講となります。

<1限>

Structure of the English Language1/英文法 1 (池田)

English Studies Seminar 2(舟川)

英語学演習Ib(Pinner)

Special Topics in British Studies in English 2/イギリス文学講義(Cheetham)

Special Topics in British Studies in English 2/イギリス文学講義(Yamamoto-Wilson)

<2限>

Critical Reading 2/Intensive Reading 4(新井)

Critical Reading 2/Intensive Reading 4(飯野)

 

※なお、2限のMorning English 2は通常通り授業を行います。

呼び出し<至急> A1616081 2017/12/18

下記の学生は至急7-5F池田研究室まで来て下さい。

A1616081