Translation Workshop: Japanese- English 1・3/翻訳・言語表現講義(中級・上級)(岩瀬)受講者へ 2018/4/27

5月2日(水)3・4限の下記の講義は休講とします。

3限: Translation Workshop: Japanese- English 1/翻訳・言語表現講義(中級)

4限: Translation Workshop: Japanese- English 3/翻訳・言語表現講義(上級)

4年生へ(卒業アルバム団体撮影について)2018/4/24

下記の要領で卒業アルバムの団体撮影を行いますので、時間厳守で集合してください。

日時: 2018年5月30日(水)

<1クラス> 13:00~

<2クラス> 13:05~

*なお、決められた時間の5分前には待機していてください。

場所: 6号館前(雨天: 7号館ピロティ)

 

呼び出し A1516704 2018/4/20

下記の学生は、池田研究室(7-5F)まで来てください。

A1516704

呼び出し A1516565 2018/4/20

下記の学生は、至急飯野研究室(7-5F)まで来てください。

A1516565

History of English Literature & Culture 1 (2014次生以前 英文学史 I)(担当:西)の受講生へ 2018/4/19

本日中に、各自moodleへの登録を済ませてください。
https://moodle.cc.sophia.ac.jp/course/view.php?id=6935

明日の授業では教科書を使用しませんが、来週から使用します。毎時間必ず持参してください。上智大学2018春期教科書販売(MyKiTS)での購入をお願いします。4/24(火)までが受付期間です
https://mykits.kinokuniya.co.jp/Login/c65bd61c-883f-4f9d-bd54-72e7e30b3e2f

科目コードは、以下の通りです。

History of English Literature & Culture 1 :HEL20301

英文学史 I:HEL51200

 

【大至急】呼び出し A1816579 2018/4/18

下記の学生は、本日午後5時までに7-5F英文学科事務室まで来ること。

A1816579

【重要】在校生ガイダンス時にPrinciples of English Language Teachingの履修希望を申し出た2年次生へ 2018/4/17

その場で伝えたとおり、当日にプレイスメントテスト再受験の連絡がなかった学生(下記)は、すでに基準を満たしているので履修してもよい。希望者は、至急履修登録をして、次回の授業から出席すること。

A1716032
A1716188
A1716308
A1716386
A1716398
A1716399
A1716563
A1716573
A1716868

なお、4月3日に掲載した「2018年度 Principles of English Language Teaching履修許可者(第2次)」は、4月2日のプレイスメントテスト受験者への掲示である。標記の学生には無関係である。

 

4月第1回目の卒論指導について 2018/4/12

各指導教員から特別の連絡がない限り、4月第1回目の卒論(Research Project 1/卒業論文 1)指導は、4月25日(水)5限に行う。全員必ず出席すること。4月18日(水)は、学科教員の文学部教授会参加のため休講とする(ただし、池田先生の学生は除く)。4、5、6、7月の4ヵ月間は、水曜日5限の時間帯に卒論指導を行う。

各教員の卒論指導実施教室は下記のとおり。ただし、教室変更の可能性あり。各自学科掲示版を確認すること。

2-412(池田), 2-B212(大塚), 2-B213(飯野), 2-B214(増井), 文学部共用室B(舟川),
紀-403(チータム), 紀-404(ロック), 紀-407(松本), 紀-415(山口), 紀-417(西),
紀-B101(新井), 英文学科セミナー室(ピナー)

15年次生以降の学生へ。「SPECIAL TOPICS ~ IN ENGLISH」の登録と卒業要件について 2018/4/12

15年次生以降の学生は、「英語によって行われる講義を4単位以上履修すること。なお、対象はSPECIAL TOPICS IN BRITISH STUDIES/SPECIAL TOPICS IN AMERICAN STUDIES/SPECIAL TOPICS IN LANGUAGE STUDIESの末尾にIN ENGLISHと記載された科目のみとなる」(2018年度『履修要覧<学科科目編>』96ページ)。

Loyolaの「自己判定」には、「SPECIAL TOPICS ~ IN ENGLISH」の項目が存在しないと思われるので、各自注意して履修すること。「SPECIAL TOPICS ~ IN ENGLISH」を4単位履修しないと卒業できない。

呼び出し A1316721 2018/4/12

下記の学生は、英文学科事務室まで連絡ください。

A1316721

【重要】2014年次生以前用の「基礎科目」(選択必修)の科目追加について 2018/4/12

履修要覧106ページに掲載している科目の他、以下の新カリキュラム科目を履修しても「基礎科目」として卒業単位に充当できるものとする

(ただし、今年度以降に修得した単位のみ)。

 

春学期  HISORY OF ENGLISH LITERATURE & CULTURE 3

春学期  HISORY OF AMERICAN LITERATURE & CULTURE 3

秋学期  HISORY OF ENGLISH LITERATURE & CULTURE 4

秋学期  HISORY OF AMERICAN LITERATURE & CULTURE 4

 

上記科目の履修登録および卒業単位への充当を希望する学生は、以下の期間に英文学科事務室で手続きをすること。

この期間に手続きをしなかった場合は、この措置を講ずることができないので注意すること。

春学期   4月12日~18日

秋学期   9月27日~10月3日

Research Project 1(卒業論文1)のメンターが池田の学生へ 2018/4/12

在校生ガイダンスで説明したように、第1回目の指導を18日(水)の5限に2-414教室で行う(他のグループのように25日ではない)。

必ず出席すること。

オリキャンでの教職課程「教科に関する科目」についての説明の訂正(1年次生) 2018/4/12

履修要覧(課程編)9ページの表に基づき、中高両方の教員免許を取得する場合の「教科に関する科目」の必要単位数は34単位であると説明したが、

正しくは30単位である(9ページ①参照)。

したがって、別紙で配布した「教科に関する科目」の必修科目をすべて履修すれば32単位になるので、この要件は自然に満たすことになる。

(ただし、高校の免許のみを取得する場合は34単位必要なので、不足する2単位分を表にある選択科目等で意識的に修得しなければならない。)

呼び出し A1516607、A1516707 2018/4/11

下記の学生は、学科長と面談すること。(7-5F池田研究室)

A1516607、A1516707

History of American Literature & Culture 3/米文学史 (辻)受講生へ 2018/4/10

◎初回授業とテキスト販売のお知らせ
以下の通りテキスト販売を行います。これに伴い、初回授業の開始時間は15:45となります。
尚、History of American Literature & Culture 1~4Iは共通テキストを用います。

4月18日(水)
 15:15〜15:45 テキスト販売 
  場所:7号館5階英文学科事務室前
    The Norton Anthology of American Literature, shorter 7th edition 
               価格 5,500円(History of American Lit. & Culture I~IV共通テキスト)

 15:45〜16:15 初回授業    
     場所:6−408

History of American Literature & Culture I/米文学史I (増井)受講生へ 2018/4/9

◎初回授業とテキスト販売のお知らせ
以下の通りテキスト販売を行います。これに伴い、初回授業の開始時間は11:40となります。
尚、Hist of Am Lit I~VIは共通テキストを用います。
4月12日(木)
 10:30〜11:30 テキスト販売
 場所:7号館5階英文学科事務室前
       The Norton Anthology of American Literature, shorter 7th edition
    価格 5,500円(History of American Lit. & Culture I~IV共通テキスト)
 11:40〜12:30 初回授業
    場所:6−501

2018年度版『卒業論文の手引』の用意ができました。 2018/4/8

2018年度版の『卒業論文の手引』の用意ができました。今後はこの2018年度版を使用してください。

下記のURLからダウンロードできます。

http://english.station171.com/wp-content/uploads/2018/04/2018-Handbook-to-Graduation-Thesis.pdf

4年次生以外の学生諸君も早めに目を通しておくと、よい卒業論文が書けると思います。

秋学期科目 Critical Reading 2のクラス分け 2018/4/7

先日の在校生ガイダンス時にお伝えできなかった秋学期科目のCritical Reading 2のクラス分けを下記のURLにアップロードしました。各自ご確認ください。

https://moodle.cc.sophia.ac.jp/course/view.php?id=10509

【重要】【更新】3年次生と4年次生以降の春学期のSeminar 1(旧カリキュラム:演習)登録について 2018/4/6

赤字の箇所を修正しました。再度熟読をお願いします。

3年次生と4年次生以降の学生は、下記の項目を「すべて熟読」すること

・所属コース以外のseminar 1は、Loyolaによって割り当てられないはずですが、すべてのseminar 1に優先順位をつけないと、登録を完了できないので気をつけること。

・2018年度の秋学期から交換留学に行く学生で、この春学期にseminarを2つ履修したいという希望を学科に伝えた学生について。学科で協議した結果、2つのseminarの履修を認めないことにしました。帰国後の4年次生の秋学期以降にseminar 2を登録すること。日本人教員が担当するseminarは、1と2とも単位換算できませんが、外国人教員が担当するCLIL-Based Seminarは、1と2とも単位換算できます。4年次生の春学期に帰国しても秋学期のCLIL-Based Seminar 2が単位換算できます。その他、Advanced Academic Englishも 1と2とも単位換算できます。

新カリキュラムの4年次生で、休学等の理由でLoyolaによる抽選登録を試みたことのない学生「のみ」、抽選登録期間中にLoyolaの抽選登録から新カリキュラムの「~sminar 1」に申し込むこと。過去に登録してFが与えられたことのある「seminar」は、決して抽選登録を試みないようにしてくださいつまり、合計2学期分の「seminar」科目は、春と秋学期にそれぞれ抽選登録に申し込むことができますが、3学期目以降は、学科がクラスを指定するということです。勝手に抽選登録に申し込んだ場合は、抽選登録期間の終了後、学科がその「seminar」を削除して、新たに空きクラスを割り当てます。

5年次生以降の学生で、休学等の理由によりLoyolaでの登録を試みたことのない学生「のみ」、4月8日(日)15時までにLoyolaから各自旧カリキュラムの「~演習」を登録してください。旧カリキュラムの「演習」科目は抽選科目ではないので、希望の演習を選んで登録できます。ただし、過去に登録してFが与えられたことのある「演習」は、決して自己登録しないようにしてください。つまり、合計4学期分の「演習」科目は自己登録できますが、5学期目以降は、学科がクラスを指定するということです。勝手に自己登録した場合は、4月8日(日)15時以降、学科がその「演習」を削除して、新たに空きクラスを割り当てます。なお、5年次生以降は、コース制は関係ありません

・4年次生以降の学生で旧カリキュラムの「~演習」と新カリキュラムの「~seminar 1」を再履修する必要のある学生は、下記のURLから4年次生以降の学生専用の「seminar・演習再履修登録票」を4月8日(日)22時までにmoodleに提出すること。抽選登録期間終了後に、学科が空きクラスを「登録票」の希望順位を考慮して割り当てます。卒業年次の学生のみ春学期の2つの「seminar」と「演習」の登録を認めますので、希望を「登録票」の余白に書いてください。一つは抽選、もう一つは「登録票」によるクラス分けが必要であるというような、変則的なパターンについても余白に詳細を記してください。

https://moodle.cc.sophia.ac.jp/mod/assign/view.php?id=381616

・4年次生は、seminar 1とseminar 2は、異なった教員を履修しなくてはなりません。seminar 2を落とした学生は、秋学期にseminar 2の再履修登録の手続きをすること。seminar 1を二つ履修しても卒業単位にはなりません。

・5年次生以降は、卒業必要単位の4学期分の内、同じ教員を2学期分履修することができます。例えば、3年次の春学期と4年次の春、4年次の春と4年次の秋が同一教員というような組み合わせが可能です。

・「2018年度 再履修登録票」でseminar/演習の再履修を申し出た学生も、必ず「seminar・演習再履修登録票」を期日までに提出してください。

2018年度 Principles of English Language Teaching履修許可者(第2次) 2018/4/3

下記の学生は英語力の基準を満たしているので、標記科目の履修を許可する。

合格者なし

なお、不合格者は7月ないし9月に行われるTEAP2技能試験(有料)を受験し、120点以上の得点を証明する書類を教職課程委員(池田)に提出することで、秋学期に開講される標記科目の2を履修登録することができる。受験申込は英検のウエブサイトから各自で行うこと(http://www.eiken.or.jp/teap/schedule/)。

以上