時間割変更について 2018/4/5

英米文学専攻 院生 各位

2018年度春学期 文学研究法I(松本)の時間割を下記の通り変更します。

火・2限 → 水・3限

なお、教室は7-4F 英文セミナー室です。

 

 

 

2018年度 Principles of English Language Teaching履修許可者(第2次) 2018/4/3

下記の学生は英語力の基準を満たしているので、標記科目の履修を許可する。

合格者なし

なお、不合格者は7月ないし9月に行われるTEAP2技能試験(有料)を受験し、120点以上の得点を証明する書類を教職課程委員(池田)に提出することで、秋学期に開講される標記科目の2を履修登録することができる。受験申込は英検のウエブサイトから各自で行うこと(http://www.eiken.or.jp/teap/schedule/)。

以上

【重要】教職課程履修者の「教科に関する科目」の履修方法について 2018/4/2

文部科学省の定めた「外国語(英語)コアカリキュラム」に対応するため、今年度より「教科に関する科目」の科目名、講義内容、履修方法にいくつかの変更を行った。入学年次に応じ、特に以下の点に注意すること。不明な点は、課程センターで必ず確認すること。

 

2014年次生以前

C系列 旧「第二言語習得論Ⅰ」を昨年度までに履修していない学生は新「第二言語習得論」を、旧「第二言語習得論Ⅱ」を昨年度までに履修していない学生は新「英語学習評価論」を履修すること。この系列の要件を満たすには、両科目の単位が必要である。

 

D系列 「英語と社会Ⅰ」を昨年度までに履修していない学生は「異文化コミュニケーションⅠ」ないし「異文化コミュニケーションⅡ」のどちらかを必ず履修すること。

 

2015~2016年次生

B系列 History of English Literature & Culture 1, History of English Literature & Culture 2, History of American Literature & Culture 1, History of American Literature & Culture 2のいずれかを昨年度までに1科目も履修していない学生は、「英語圏文学と英語教育I」ないし「英語圏文学と英語教育II」のどちらかを必ず履修すること(修得単位の扱いは履修要覧に記載されたとおり、所属するコースにより異なる)。

 

C系列 旧「第二言語習得論Ⅰ」を昨年度までに履修していない学生は新「第二言語習得論」を、旧「第二言語習得論Ⅱ」を昨年度までに履修していない学生は新「英語学習評価論」を必ず履修すること(修得単位の扱いは履修要覧に記載されたとおり、所属するコースにより異なる)。この系列の要件を満たすには、両科目の単位が必要である。

 

D系列 「異文化コミュニケーションⅠ」ないし「異文化コミュニケーションⅡ」のどちらかを全員が必ず履修すること(修得単位の扱いは履修要覧に記載されたとおり、所属するコースにより異なる)。なお、昨年度の表ではCLIL-Based Seminarがこの系列の科目として記載されていたが、「外国語(英語)コアカリキュラム」で求められている内容とは異なるため、今年度の表からは削除した。そのため、同科目の単位ではこの系列の要件を満たしたことにはならないので注意すること。

 

2017年次生

「2018年度教科に関する科目」に基づき、A~D系列の要件を満たすこと。

 

2017年度Reading & Research 2 (永富)学期末試験+課題返却 2018/4/2

下記の学生は、試験と課題を返却しますので、永富研究室(7-515)まで取りに来て下さい。(扉のボックスに入れておきます。)

 

A1616688、A1716569、A1716573、A1716619

2017年秋学期演習(永富)レポート返却 2018/4/2

下記の学生は、返却するレポートを永富研究室(7-515)の扉のボックスに入れておきますので、取りに来て下さい。

A1516013、A1516026、A1516170、

A1516337、A1516562、A1516762、

A1516893、A1516930、A1516976

 

再履修者のクラス分けとSeminarの登録について 2018/4/2

再履修者のクラス分けを7号館5階の学科事務室前の掲示版に掲示しました。秋学期の科目と抽選が済んでいない春・秋学期のSeminar科目についてはクラス分けをしていないものもあります。ご了承ください。

再履修の申請書を提出した学生のうち、過去にSeminarでFを与えられた学生のみ、学科がSeminarのクラスを割り当てます。登録をしたことのないSeminarは通常通り、Loyolaでの抽選登録に申し込んでください。

この春学期に二つのSeminarを受講したい学生は、こちらが把握できていない学生もいると思われるので、moodleから西に連絡してください。

再履修者のクラス分けの作業は複雑な工程を経るため不備があるかもしれません。こちらから連絡する際は、moodleを経由して連絡します。必ず上智のアドレスが受信できるようにしておいてください。

なお、英文学科の教務担当は4月11日までは西が担当しますが、12日以降は新任の山口先生と松本先生が担当します。

それから、英文学科から送られてくる自動送信メールに返信しないようにしてください。お願いします。

Advanced Academic English 1のクラス分けについて 2018/4/2

Advanced Academic English 1のクラス分けが終わりました。

https://moodle.cc.sophia.ac.jp/course/view.php?id=10509

各自上記のURLにアクセスしてご確認ください。

再履修者のクラス分けは、本日の16時までにはお知らせできると思います。

卒業生諸君へのメール配信は、あと数日で停止できると思います。今しばらくお待ちください。

2018年度英文学特講・演習D1(舟川)を履修する諸君へ 2018/4/1

標記科目を履修または聴講する学生は、件名を「英文学特講・演習」とし、本文に学生番号と氏名を書いて、下記にメールして下さい。

折り返し教材について連絡します。

kfunakawa2822[at]aaa.email.ne.jp

 

舟川一彦

2018年度ENGLISH STUDIES SEMINAR 1(舟川)を履修する諸君へ 2018/4/1

標記科目を履修する学生は、件名を「Seminar」とし、本文に学生番号と氏名を書いて、下記にメールして下さい。

折り返し教材について連絡します。

kfunakawa2822[at]aaa.email.ne.jp

 

舟川一彦

2018年度Critical Reading 1(舟川)を履修する諸君へ 2018/4/1

標記科目を履修する学生は、件名を「Critical Reading」とし、本文に学生番号と氏名を書いて、下記にメールして下さい。

折り返し教材について連絡します。

kfunakawa2822[at]aaa.email.ne.jp

 

舟川一彦

2017年度秋学期レポート返却(増井)2018/4/1

2017年度秋学期、以下の授業期末試験、レポートを返却します。 7号館10階増井研究室前で受け取ってください。

American Studies Seminar Reading & Research Special Topics in American Studies